無痛治療:歯科治療恐怖症

昔の治療の「痛いあるいは恐ろしい経験」から、歯科治療に対して精神と身体が過剰に反応し、悪循環してしまう、つまり心的外傷(トラウマ)でもあるのが歯科治療恐怖症と言われるものです。

歯科治療恐怖症の患者さんに向けた心理的アプローチとして

1)心配度をチェックするために易しい心理テストを実施します。
2)状況と治療に対して充分な説明を行い、一緒に相談しながら治療法を決めていく
ことで、患者さんが納得し安心できてから治療を開始します。

それ以上に、身体的アプローチとして

心配度や症状に合うようにして、いろいろなやり方(各種鎮静法、場合により全身麻酔法など)を組みあわせた無痛治療を行うことで、徐々に恐怖心を排除していていきます。

今お話ししたようなやり方で、痛くない、怖くない治療を心身一緒にリラックスした状況で実施している。

歯科治療恐怖症は、不快な昔の経験を取り除き、悪循環を断ち切ることが重要で、それが一回解決・解消すれば、徐々に普通の治療を行うことも出来るようになる場合が見られます。

全体性心配障害・パニック障害に関して

多くの方が遺伝的要因、神経質な性格、ストレス度合いや自律神経障害などにより、この病気で苦しんでおられます。静岡市葵区にあるみまつ渡辺歯科医院は、ご来院いただいた患者さんに「ここへ通ってよかった」と言われる歯医者さんを目指しているのです。

診断そのものが難しくて、その対処には注意深く成らざるを得ません。

遠慮せずにどういった事でも尋ねていただき、心配のない状況で治療にかかれるように対処いたします。

外見的には健康体と何ら変わらないことから、往々にして「気の持ちよう」「怠けているだけ」と受け取られがちであったり、治療にはそこそこの長期間を要するなど社会的な補助も欠かすことの出来ない疾病であるため、症状を理解し、その時点での歯科治療の必要性を考慮した上で、症状を確かめながらその度ごとに対策を講じて行かなければなりません。

パニック障害が想定される場合は、精神科・神経科・心療内科での受診を行い、最良な薬剤(パキシル、デパス、リーゼ、セルシンなど)を摂取しながら、歯科診療を実施して行きます。

そのような治療薬は、ベンゾジアゼピン系抗心配薬(心配感の軽減を目的とした)が多く、相応しい指導のもとで摂取した場合、その有効性は十分期待を持つことができます。

パニック障害は、死や、発狂にいたるものではないことを理解してもらい、歯科治療に向けた心配を軽減しながら、歯科疾患の程度に合うようにして対策を講じていきます。

歯科治療時の静脈内鎮静法では、上で示した薬物とよく似た効果の薬剤を用いるため、心配を優しくするのには非常に効き目が見られますが、その行動調節には豊富な経験が求められます。

ホワイトニングの施術を受けないとしても、歯のヒビを無視し続けると、象牙質が弱くなり、環境の冷たい外気や冷たい食物が触れるだけで痛みが走ることがあるようです。
最近になって歯周病になる要素を取り払う事や、大元となる菌に汚染された所をきれいにすることによって、新たな組織の再生がみられるような治療術が完成しました。
ムシ歯や歯周病が進行してからデンタルクリニックに駆けこむ人が、多いのですが、病気予防しにいつもお世話になっているデンタルクリニックに出向くのが本当であれば理想なのです。
歯の表面を削って白く見せる研磨剤が入った練り歯磨きは、強いて言えばイメージのよくない役割といえますが、再び歯が石灰化することを助けるという事は貴重な作用となります。
分泌物である唾液は、口のなかのお掃除役とも考えられるほど大事なものですが、その分泌量が減少すれば、口の臭気が悪化するのは、仕方がないといえます。

応用可能な領域がことさら広い歯科専用のレーザーは、ラインナップも豊富で、他にも色々な医療現場で採択されています。これからは更なる期待がかけられています。
本来の正しい噛み合わせは、ゆっくり食べ物を噛む事により上下の歯がすり減り、各々の顎や顎の骨のかたちに最適な、自前の噛みあわせがやっと完了するのです。
歯を長い間保つためには、PMTCは大変大事であり、この処置が歯の施術の後の状態を長期間保持できるかどうかに、強い影響を与えることも確実な事です。
歯垢の事を果たしてあなたはどの程度ご存知ですか?テレビやCMで四六時中耳にするので、初めて聞く、そんな事はあまりないのではないかと想像されます。
カリソルブは、分かりやすく言うと「現代科学の力によって虫歯の患部だけを溶かす薬剤」です。その治療中、むし歯ではない歯の所には全然被害のない薬です。

仮歯を入れてみると、容姿も違和感がなくて、食事や会話等にも気を遣いません。更に仮歯がある事により、他の治療中の歯が欠けてしまったり、歯列が曲がってしまったりする事がありません。
虫歯を防止するには、歯みがきのみでは困難になり、肝心なのは痛い虫歯の原因となる菌を消し去ることと、虫歯の深刻化を阻止するという2つの留意点なのです。
恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防については後進国と言われており、欧米人に比べても、日本人の歯の使用期間は縮まっていく一方です。ハナから病気予防についての自覚が異なるのだと思われます。
口中が乾燥するドライマウスは、ストレスが発端で生じるという事も多いので、更に今からの時世には、バリバリ働く男性にも発症する可能性は大いにあるのです。
自分自身でも自覚していない間に、歯に割れ目が潜んでいるという場合もありうるので、ホワイトニング処置をしてもらう前は、念入りに診察してもらうことが大事です。